「デーモンニッケル戦争」は、新しいエネルギーコスト圧力を誘発しました:テスラの中国とアメリカの市場は、両方とも価格を上げました、そして、パワーバッテリーリーダーは

ビュー : 820
更新時間 : 2022-03-13 11:10:32

今週中のいくつかの取引日、史詩的な「期ニッケル」の空振り大戦が、サプライチェーンに関する連鎖反応を引き起こした。

 

 

 

ロンドン取引所(LME)の取引情報によると、3月7日、LME期のニッケル価格は大幅に変動し始め、皿の中で一時90%を超え、最高5.5万ドル/トンに急騰した。3月8日、レンニッケルは引き続き狂気を続け、上昇幅は110%に達し、10.14ドル/トン近くの歴史的な天価を記録し、2日間の累計上昇幅は230%を超えた。

 

 

 

この「妖ニッケル」大戦の背後には、浙江省の民間企業である青山ホールディングスグループ(以下、青山ホールディングスと略称する)がある。メディアの報道によると、ロシアのニッケルが取引所から蹴り出されたため、青山ホールディングスが開いた20万トンのニッケル空単は納品できない可能性がある。市場の噂によると、世界最大のニッケルメーカーの1つであるスイスの嘉能可(GLEN.L)はLMEニッケルで、インドネシアのニッケル鉱山の60%の株式を要求した。

 

 

 

 

 

 

キャノン側は否定しているが、青山グループも再編されたニッケル板の現物を調達して引き渡したと答えたが、この間、ニッケルの高騰が国内市場にも伝わった。3月8日、国内先物の主力契約の中で、上海ニッケル2204は上昇停止板を封鎖し、22.88万元/トンを報告し、上昇幅は15%に達した。3月8日のニッケル現物価格は26.38万元/トンで、前年同期比109.63%上昇した。

 

 

 

ニッケル価格の高騰は、新エネルギー自動車のバッテリーコストを上昇させた。中金ゼネラル・モーターズは、「レンニッケル価格は2万ドル/トンから5万ドル/トンに上昇し、単車で60 kwh充電する8系新エネルギー自動車(単車で60 kwh充電する811型三元電池を使用する新エネルギー自動車)のニッケル原料コストは約1万元増加した」と明らかにした。上海有色網によると、ニッケル価格は大幅に上昇し、高ニッケル三元製品のコスト上昇幅が最も高いという。リン酸鉄リチウムコアと比較して価格差は引き続き大きくなった。硫酸ニッケルの価格は8万元/トンに上昇したり、単車電池のコストは約7000元上昇したりした。

 

 

 

また、他の新エネルギー自動車の重要な原材料価格も大幅に上昇した。3月10日の電池級炭酸リチウム華東地区の平均価格は49.1万元/トンに達した。2020年12月28日、電池級炭酸リチウム華東地区の平均価格は5.46万元/トンにすぎない。これは、わずか1年半で炭酸リチウムの価格が8倍に増えたことを意味している。

 

 

 

実際、補助金の下落や原材料価格の上昇などの影響で、傘下の新エネルギー車種の価格引き上げを発表する車企業が相次いでいる。これまでに、20社近くの新エネルギー車企業が値上げを発表した。

 

 

 

テスラの中国公式サイトによりますと、Model 3の高性能版とModel Yの長期航続、高性能版の車種の価格はいずれも1万元値上げされました。一方、テスラの米公式サイトによると、Model Yの長航続版とModel Yの高性能版の車種の価格も1000ドル上昇した。注目すべきは、今回のテスラの値上げは高性能版や長航続版の車種で、リン酸鉄リチウム電池を使った標準版の車種ではないことだ。

 

 

 

 

 

テスラのほか、ビアディは1月21日、2月1日から王朝網と海洋網関連の新エネルギー車種の公式指導価格を調整し、1000~7000元の引き上げ幅を発表した。ビアディ氏によると、今回の価格上昇は主に原材料価格の大幅な上昇や、新エネルギー購入補助金の下落などの影響を受けているという。

 

 

 

ウィマ自動車も、部品価格の上昇などの影響で、3月1日から一部の車種の排出計画と車種の価格を徐々に調整すると発表した。このうち、2022モデルのEX 5-Z全系車種の現行の関連政策は変わらず、総合補助金後、2022モデルのEX 5-ZPRO全能版の価格は15.48万元、Lead創領版の価格は16.38万元、上昇幅は3000元~4000元だった。ナタク自動車は1月1日から、ナタクUとナタクVの公式メーカーの指導価格を値上げした。このうち、ナタクUの一部車種は3000~5000元、ナタクVの一部車種は2000元上昇した。

 

 

 

極クリプトン自動車極クリプトン001のYOU版の販売価格は1月1日から8000元から36.8万元に引き上げられた。小鵬自動車は1月11日から傘下の製品の価格を引き上げ、上昇幅区間は4300~5900元だった。このうち、旗艦乗用車の小鵬P 7は4300~5900元、小鵬G 3 iは4800~5400元、小鵬P 5は4800~5400元上昇した。

 

 

 

また、一汽-フォルクスワーゲン、飛凡自動車、上汽通用五菱、広汽艾安などの新エネルギー車企業はいずれも一部の車種の価格を値上げすると発表した。

 

 

 

「原材料価格の上昇が続くにつれて、動力電池のコスト上昇幅が電池企業の圧力範囲を超え、コスト圧力が大きい。国泰君安証券側は明らかにした。

 

 

 

特筆すべきは、原材料コストの圧力の下で、動力電池メーカーも次々と上流資源の制御を強化し始め、多元技術の探索を加速している。

 

 

 

 

2018年9月、寧徳時代はグリーン美、青山ホールディングスと提携し、インドネシアに赤土ニッケル鉱生産電池級ニッケル化学品(硫酸ニッケル結晶)プロジェクトを建設すると発表した。

 

 

 

青山グループがインドネシアに建設したヴィダベ工業団地では、寧徳時代も20%の株式を保有していた。同園区内には世界的な赤土ニッケル鉱資源(ニッケル当量約930万トン)があることが分かった。また、寧徳時代は2018年、2019年の2回にわたって北米ニッケル業に参入し、持株比率は20.89%だった。

 

 

 

寧徳時代のほか、比亜迪、国軒高科も2018年12月に中国五鉱、唐山曹妃甸投資グループと手を携え、中冶新材料プロジェクトを共同で発表した。2018年10月、華友コバルト業傘下の華青会社は青創国際、IMIP、沃源ホールディングス、LONGSINCEREと年間6万トンの赤土ニッケル鉱法製錬プロジェクトの協力協定に署名した。2021年3月、華友コバルト業はまたインタラクティブプラットフォームで、インドネシアで年間4万5000トンのニッケル金属を生産する高氷ニッケルプロジェクトに投資すると明らかにした。

 

 

 

「動力電池産業のグローバル競争力を高め、『安定供給価格』を実現するには、鉱物資源と上流原材料のグローバル配置を強化することが肝心である。上流鉱物資源に所有権がなく、重要原材料に定価権がなければ、動力電池製造業は『苦労して金を稼がない組立工』に転落し、新エネルギー自動車産業は高品質の発展を実現することが難しい」。中国動力電池産業イノベーション連盟の許艶華事務総長は述べた。

関連 ニュース
詳しい情報を見る >>
メーデー休暇から見る中国経済の回復は良好に向かっている メーデー休暇から見る中国経済の回復は良好に向かっている
May .06.2023
これは普通ではない「メーデー」休暇です。



党の二十大精神の開局の年を全面的に貫徹し、「第十四次五カ年計画」を実施して前啓後の肝心な年を引き受ける。疫病予防・抑制の平穏な転換後初の5日間の休暇が注目されている。



神州の大地は遊覧客が織りなすように、江山は絵のように、大通りや路地は人気が盛んで、花火が上がっている。工場の作業場は明かりが灯り、忙しく秩序立っている……忙しくなって、暑くなってきた休暇は、再び中国経済の強大な活力と粘り強さを明らかにした。
アリ地震の解読:権張勇を削り、戴珊を育成し、蒋凡に功績を補わせた。 アリ地震の解読:権張勇を削り、戴珊を育成し、蒋凡に功績を補わせた。
May .13.2022
蒋凡が感情を整理した後、もっと多くの時間と精力を事業に置いて、自分を管理して、二度と同じことを繰り返さないでください--結局蒋凡は若くて、ハンサムで、重みがあって、金が多くて、直面する誘惑は比較的に多くて、後の道もまだ長い--題記
pop_close
pop_main
ニュースレター